ぱっちり目 プチ整形 整形

パッチリ目ありとあらゆる方法を試して整形にしました。

更新日:

パッチリ目になるためにありとあらゆる方法を試してきました

私は物心ついたころから、自分の腫れぼったい一重の目元が嫌いで、

パッチリ目になるためにあるとあらゆることをしてきました。

思春期に入ってからは、
クラスの男子に目つきが悪いことでからかわれたりもしました。
中学生の時には、お小遣いでも買えるくらいの
安いビューラーやマスカラを使って、

まつげをカールさせてみたりしましたが、

私の腫れぼったいまぶたには、大した効果はありませんでした。
高校生になり、周りの友達もだんだんとメイクをするようになると、

友達の二重のパッチリ目はひときわパッチリと可愛くなり、

メイク映えのしない自分の目元をひたすら恨んでいました。
高校時代に愛用していたのは、

ノリでまぶたをくっつけて二重を作るアイプチです。

しかし、肌の弱かった私は、
毎日アイプチを使うことでまぶたの皮膚がかぶれてしまいました。

それでも、腫れぼったい一重のまま外に出かけるのが嫌だったので、

かぶれた肌に無理やりアイプチをつけて学校やアルバイトに行っていました。
マッサージも毎日朝晩していましたが、
少しすっきりする程度でパッチリ目とは程遠い状態は変わりませんでした。

高校を卒業してからは、毎日アイプチを使うのも億劫になり、
本当のパッチリ目になるために二重の整形手術を受けることにしました。
アルバイトでためたお金を使って、当時は10万円くらいだったと思います。

ずっとあこがれていたパッチリ目ですが、いざ手術となるとやはり緊張してしまい、
決断するまでに少し時間がかかりました。
それでも、今までいろいろな人から目つきの悪さを指摘されたり、
友達と比べて劣等感を感じたりと、さんざん嫌な思いをしてきたことを考えると、
「今手術を受けるしかない」と決断することができました。

もう手術を受けてから15年以上がたちますが、
今では自分の理想通りのパッチリ目です。
毎日メイクをするのが楽しいし、
人と目が合っても自分の目つきの悪さを気にする必要もなくなりました。

手術をしたのは目元だけですが、性格も前向きになり、
人との出会いを楽しむことができるようなりました。今はとても幸せです。

スポンサードリンク



「幸せ」を手に入れてよかったですね。

私はナイトアイボーテで「二重」にしましたが、整形も考えていました。

先生と相談まではしてきました。

やっぱりぱっちり目になることは大切なんですよ。実際。

メスを使わない「埋没法」もありますし、5分~15分で終わるらしいので

「整形」を考えている方もハードルが低いことを知ってください。

スポンサードリンク



TOPページと別ページに詳細があります。

-ぱっちり目, プチ整形, 整形
-, , ,

Copyright© ぱっちり目になる方法で手に入れる !!超美人/超可愛い , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.